株式会社両備システムイノベーションズ

リョービ
tel:086-226-2101 menu
閉じる

EDUCATION
SYSTEM
教育制度

可能性を伸ばす

自分のためのキャリアデザインを

両備システムイノベーションズでは、社員1人ひとりの持つ可能性を 最大限に活かせる環境づくりに努めています。 ICT技術を活かした会社ですが、理系だけでなく、大勢の文系社員も活躍しています。 理系・文系のくくりを超え、自分だけの可能性を伸ばせる教育体制を 両備システムイノベーションズでは目指しています。

新入社員3ステップの道

1.新入社員研修(4~5月)
  • 基礎研修(1週間):両備グループの企業理念やビジネスマナーなど、社会人としての基礎知識を習得します。
  • 技術基礎研修(約7週間)先輩SEたちを講師に迎え、ITの基礎的な知識や技術の習得を目的とする研修です。

2.部門別新入社員研修(6月~3月)

配属先が決まると、部門ごとに関連業務の内容や用語を学びます。

3.新入社員フォロー研修(1月頃)

入社後約10ヶ月経過したところで両備グループ新入社員が集まって、学んできた仕事の基本をあらためて確認します。

これで安心!

丁寧OJT:入社してから3年間は「トレーナー制度」として一人ひとりに先輩社員がつき、新入社員の理解度などを考慮の上で、個別の計画を作成。 細かな指導・教育を実施します。

男性社員(20代)  

クリックして話を聞く プログラミング実習では先輩社員がついてくれました。私は情報系の学部出身でしたが、文系出身の同期も、研修が終わる頃には課題を全て終了させることができていましたよ。

新人から管理職までステップアップの道

技術面・役職面ごとの教育体系に沿って、新人から管理職まで業務に必要な能力を系統的に身につけていくことができます。

女性社員(30代半ば)

クリックして話を聞く 研修を受けることは、自分自身を振り返ったり、他の人と交流できる良い機会になっていますね。
eラーニングなどのも充実していて、やる気次第で受講できる恵まれた環境だと思います。

キャリアイノベーションの道

社員1人ひとりの能力・意欲やアイディアを活かすために、様々な取り組み・制度を用意しています。

提案制度
新規事業や社内の改善事項を、定期的に社員全員が提案する制度です。優れているアイディアには報奨金がでます。
トップランナー制度
部内単位で、様々な分野ごとに秀でている社員を表彰します。表彰は3ヶ月に1回行われます。
もっとキャリア!羽ばたこう

(1)チャレンジU30(一般社員対象)
両備グループの若手社員を中心とした活動です。
両備グループ内での様々な会社からメンバーを集め両備教育センターでのテーマ討議、宿泊研修や体験学習などを行います。
両備グループ内に若手を中心とした会社間の繋がりを築くことができるため、自己の仕事の幅を広げることが出来ます。

(2)経営管理基礎講座(中堅社員対象)
通称「両備大学」。両備グループ内の中堅幹部社員の養成を目的とした教育です。
財務・OA・マーケティング・人事を1年毎に学び、マネジメントの知識を習得することができます。

(3)JB制度/WJB制度(JB=Junior Board 青年重役会)
両備グループの若手社員が、次代の両備グループのあるべき姿を模索します。1年間にわたって新規事業提案のほか、同業他社や異業種の視察、海外視察などの活動を行い、トップへ答申します。2016年度より、女性のみのWJBもスタート。
女性ならではの視点で積極的な提案を行っています。

(4)企画開発委員会
毎年7~8名の幹部候補が選抜され、両備システムズグループの10年後、20年後の企業ビジョンを1年間かけてじっくりと考えます。活動の一環として、海外のIT業界の視察も行ないます。

男性社員(40代前半)

クリックして話を聞く 海外視察では様々な企業を訪問し、海外のビジネスモデルや現地の文化、歴史に触れました。物事の見方が大きく広がりましたし、結果、新しいビジネスを生み出すことにもつながりました。